当サイトは非公式です 予めご了承ください

日本語和訳はこちら↓

What is enigma?

Enigmaプロトコルとは、全てのブロックチェーンが抱える、スケーラビリティとプライバシーの問題の解決を目指す、セカンドレイヤーのオフチェーンシステムです。

Problem

中央集権的なシステムには、腐敗やカウンターパーティリスクなどの脆弱性があります。ブロックチェーンではこれらの問題を解決するのに役立ちますが、スケーラビリティとプライバシーの問題が生じました。例えばEthereumのコントラクトの実行性能は低速であり、実行費用も高価です。また実行する内容を秘匿したい場合、旧来の中央集権的なデータベースで行う必要があるのです。そしてそれに伴い、プライベートデータも旧来の中央集権的なデータベースに保管されているのです。

Solution

Enigmaはシークレットコントラクトによりそれらの問題を解決します。シークレットコントラクトとはデータを暗号化したままプログラム(スマートコントラクトなど)の実行を可能にするものです。Enigmaネットワークのノードは、実行したプログラムを知ることはできませんが、プログラムを正しく実行していることを公に証明できます。またシークレットコントラクトの実行に特化しているEnigmaネットワークのノードは、より重たいコントラクトの実行も可能にします。

 

Enigmaプロトコルの最初の主要なアプリケーションは、分散型データ市場です。そのほかにもあらゆる分散型アプリケーションがEnigmaを使用することにより可能になるでしょう。

Catalyst

Enigmaの分散型データ市場の上に立つ最初のアプリケーションは、Catalystというものです。CatalystはEnigmaプロトコルを利用し、安全に取引履歴を共有して、暗号通貨の投資や研究に役立てるためのプラットフォームです。また、Catalystのトレード用ツールを主要取引所で利用して、あなたの投資戦略に役立てるといったこともできるようになります。

 

Enigmaの可能性についてはこちらをご覧ください